読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Techなニートが世界を救う

ニート生活を満喫しているTech芸人が世界を救います

「辞書ツール」でさくっと時短してこうぜ!

作業効率

f:id:gaku3601:20161009083827j:plain

Gakuです。
みなさん「辞書ツール」活用してますか?
文字変換候補などを登録できるあれです。

本当に作業効率を気にしている方は100%活用されているツールですので、その使い方と有効性について書きたいと思います。

使い方

Windowsの場合、「あ」とか「A」となっているところで右クリックします。
f:id:gaku3601:20161008174104p:plain

そしたらオプションが出てきますので「ユーザ辞書ツール」をクリックします。
f:id:gaku3601:20161008174320p:plain

Microsoft IME ユーザ辞書ツール」というものが立ち上がるので、ここに良く使う単語をじゃんじゃん登録していきます。

登録をする単語について

例えばこのブログの場合、毎回冒頭で「Gakuです。」と書いています。(何となく書きたいだけですが。)
毎回「G a k u d e s u 。」と入力するのは面倒なので、

単語「Gakuです。」よみ「が」

で登録します。
すると「g a」と入力するだけで「Gakuです。」と候補が出てくるので、無駄なタイピングをしなくて済みます。
(今回の例で言うと7文字タイプする無駄を省略できます。)

この調子でどんどん登録していきます。
ビジネスメールでこういった文章を毎回書きませんでしょうか?

「お世話になっております。
○○商事の○○です。」

これも単語「お世話になっております。○○商事の○○です。」よみ「お」で登録すれば、「o」と入力するだけで、候補として出てきます。
Microsoft IME ユーザ辞書ツール」の難点として改行は登録できません。そのため、2行以上の単語を登録する場合、後から改行を入れないといけないのですが、それでも、普通にタイプするよりかは数秒の時短になります。

有効性

時短できたとしても数十秒の時短術です。
しかし、ビジネスメールは一日数十通書くことも普通にありますし、こういう小さいことを時短することが、「仕事を楽にする」という点で非常に大切であると在職中は考えていました。
小さいことでも時短できると仕事が早くなるだけでなく、「もっといろんなところを時短してやろう!」という気持ちも出てくるので、仕事がもっと楽しくなります。
「忙しい、忙しい」と思っているビジネスマンのみなさまは、この時短術を使って「忙しい」から抜け出す努力をしてみてはいかがでしょうか。